リフティングマグネットを使用する際は、水塗れに要注意!

 

リフマグに関する知識

リフティングマグネットは、水濡れに注意を!

リフティングマグネットを使用する際に、注意事項として水に濡らさない事が大切です。
永久磁石を使用したリフティングマグネットは電子機器ではないのですが、水に注意したほうが良い理由があります。

ひとつは水に濡れたことにより、リフティングマグネットの外装が腐食してしまうことです。
リフティングマグネットは金属で出来た部分が大部分を占めており、水が入ったところから錆びる可能性があるからです。特に荷物の吸着面は塗装がされていないので錆びることもあり、吸着させた鉄などのほうも錆びてしまうことがあります。

吸着面に錆があると吸着力が落ちることもあるので、もし、錆を見つけたのならば、乾いた布できれいにふき取るようにしましょう。
このとき、錆とり剤は使わないようにしましょう。もし使わなければならないのならば、錆が取れた後に完全に錆とり剤を拭い去るようにしましょう。
錆とり剤はすべりをよく作用もあるため、吸着させるときや持ち上げたときに滑って、吸着させたものが落ちることがありますので危険です。

もうひとつは、磁石自身が錆びてしまうことです。
多くのリフティングマグネットはネオジム磁石を使用しています。ネオジム磁石は非常に強力な磁石なのですが、錆に弱いと言う特徴があります。そのため、ほとんどのネオジム磁石には錆止めの処理がされています。
しかし、使用していくうちに錆止めのコーティングがはげてしまうことがあります。そこに水が加わると、錆が一気に広がるため水は厳禁といえます。

もし、雨などでリフティングマグネットが濡れた場合は、すぐに乾いた布でふき取るようにしましょう。

リフマグの選び方 3つのポイントを知る リフマグ本舗トップページへ

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい