クレーンスケールと農業

クレーンスケールに関するお役立ち情報

クレーンスケールと農業

アメリカの大規模農場で、広大な土地に生る小麦を大型のトラクターで刈り取っていく様は、壮観の一言に尽きます。
日本では北海道などで、農園とも言える広大な農地が広がりますが、こういった農園の農作物の収穫量も大量になります。農作物の収穫量の単位は重さであるため、こういった大型農園だけでなく、個人経営の農業でもはかりを常設しています。

このような農場で使用されている秤は大体2種類のはかりを使い分けている事が多く、100kgほどまでならば台ばかりと言われる、はかりの上に農作物を載せて量るタイプ、100kgを越えるものならば吊りばかりやクレーンスケールと言われる、吊って量るタイプのはかりを利用する事が多いです。

葉物や小分けの箱に分ける場合は、比較的計軽量になるため台ばかりが使用されますが、収穫時の計測にはクレーンスケールが使われる事があります。
クレーンスケールの利点は、クレーンの先に設置するだけで計量できるため、農作物を倉庫に入れたりトラックに積み込む際に、クレーンの使用と同時に重量を計測できる点です。
また、クレーンスケールの中には、台ばかりでは量る事ができない、500kgや1tなどの重量でも対応している機種があるため、大型の農場になるほど複数種類のクレーンスケールを所有している事が多いです。

クレーンスケールを選ぶポイントを知る クレーンスケール本舗トップページへ

現在地:トップページクレーンスケールに関するお役立ち情報

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい