クレーンスケールと台貫・・・それぞれの使い分けとは?

クレーンスケールに関するお役立ち情報

クレーンスケールと台貫の比較

100kgを越える大量の物品の重量を量る手段には、クレーンスケールか台貫を用いることが多いです。
ゴミ処理施設に大型ゴミなどを自分で持ち込んだ経験がある方なら、自動車ごと重量を量った経験があるのではないでしょうか?あの自動車ごと重量が量れるはかりのことを、「台貫」もしくは「トラックスケール」と言います。

台貫は自動車ごと重量が量れるので計量が手軽な上、荷物を下ろした後の重量を量れば、重量の差で重さをはじき出す事ができるため、荷物の積み下ろしを前提とした物品の重量を量る事には優れています。
物品の重量を知るためには、載せるトラックの空の時の重量が分かればよいのですが、この方法では燃料タンクにガソリンや軽油が300リットルも入るトラックもあるため、測定した重量に関してはかなりの誤差が発生する可能性があります。

クレーンスケールは、上に吊り上げる必要がありますが、吊り上げられる限界までの重量のものであれば一度に量ることができます。また、クレーンスケールは、最小設備だとそれだけで重量が量れるため、設備的にも費用的にも経済的に設置できます。

台貫は大きく場所をとる上に、設置時や設置後2年ごとに都道府県に検査を受けないといけないため、設置のハードルが高いと言わざるをいえません。
そのため一般的には、クレーンスケールが普及している傾向にあります。

クレーンスケールを選ぶポイントを知る クレーンスケール本舗トップページへ

現在地:トップページクレーンスケールに関するお役立ち情報

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい