クレーン車に装備されたクレーンスケール

クレーンスケールに関するお役立ち情報

クレーン車にクレーンスケールを装備する理由

物を吊り上げて重さを量る、クレーンスケールは工場や物流施設などに多く設置されているため、建築物に設置されているイメージがありますが、実際はそれだけではなく、クレーン車などの車両に設置されている場合があります。

小口の農作物の買い付けなどでは、農地に行ってそのまま買取したりするため、すぐに重さが量れるクレーンスケールを、トラック車両に装備している事もあります。
大口の金属の回収などでは、キロ単位で取引がされるため、クレーンスケールはクレーン車やトラックの必須の装備になります。

これらに共通するのが、クレーンの装備が付いているトラックである事がほとんどなのです。クレーンスケールは吊り下げて重量を量るものなので、当たり前と言えば当たり前なのですが、トラックで引き取りに行くということは、引取先には吊り下げられる場所がないかもしれないので、どうしてもクレーンが必要になってきます。

逆に言えば、クレーン装備トラックであれば、クレーンスケールを持っていくことにより、場所を選ばず100~300kgぐらいのものならば重量を計測できるということなのです。屋外の設置物で、重量を量りたいものがある場合には、この方法が使われる事が多々あります。

クレーンスケールを選ぶポイントを知る クレーンスケール本舗トップページへ

現在地:トップページクレーンスケールに関するお役立ち情報

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい