クレーンスケーと林業

クレーンスケールに関するお役立ち情報

クレーンスケールと林業

幅広い場面で活躍しているクレーンスケールですが、実は林業の場面でも活躍しています。

日本において、林業は衰退しつつある産業です。国際競争の激化による木材価格の低下から競争力を失い、森林の手入れも高年齢化や人手不足から充分に行われないため、国内産の良質な木材が減ってきています。日本の木材の自給率は約2割で、残りの8割は輸入に頼っている状況です。木は製品になるまでに10年以上の育成期間が必用なうえ、定期的な手入れが必要なため、早急に回復するのが難しいのも問題の一つです。

しかし、国内産の木材は外国産比べて良質であるため、「全て国内産木材で建築しました。」というキャッチフレーズで販売されている不動産もあるほど人気があります。
木材の取引単位は、何であるかご存知でしょうか?実は、重さや1本ごとに値段をつけるではなくて、体積が取引単位になります。1立方メートルの単価を決めてから、体積をかけてやることによって、値段をきめているのです。しかし、材質によっては同じ体積であっても重いものの方が、目が詰まって頑丈なものが多いため、単価が高くなる事があります。

木材はトラックなどへの積み込み時に、最大積載量を越えないようにしなければいけないため、重さを量りながら積み込む場合があります。木材は柱状で長さがあるため、通常の重量計では木材が乗り切らないので、クレーンスケールが使用されます。トラックに積み込む際にはクレーンを使うのがほとんどで、積み込みと計量が同時にできるため盛んに利用されています。

クレーンスケールを選ぶポイントを知る クレーンスケール本舗トップページへ

現在地:トップページクレーンスケールに関するお役立ち情報

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい