クレーンスケールの利便性とは?

クレーンスケールに関するお役立ち情報

クレーンスケールの利便性

クレーンスケール(電子バネばかり)は、一般家庭では使われる事が少ないため、見た事がない人の方が多いかもしれません。
「はかり=台ばかり」と、台の上に物をのせて量るタイプのはかりを連想されますが、農業・漁業・林業・製造業などで幅広く利用されており、これらの業務に従事している人には逆に馴染み深い場合もあります。

家庭用とは違い、業務用ではキロ単位で計測される事がほとんどで、大型のものになると、5トン以上の物まで量れるはかりが必要となります。
そうなると、それほどの重量が量れる台ばかりは、大型で高価なものが多いです。トラックごと量れる台ばかりなどは価格が100万を越え、またトラックより大きい敷地がいるため、狭小の工場などでは設置が現実的ではないです。

しかしクレーンスケールは、その重さに耐えられる支柱があれば、吊るすスペースさえあればよいので、コンパクトに収まります。しかもクレーンスケール自体も小型のため、使用しないときにも邪魔にならず、クレーンに吊り下げる場合は容易に取り外す事もできるため、利便性にとても優れているのです。
クレーンスケールは、最大重量100kg程度量れるものから、50t以上まで量れるものまで、幅広く種類があるため、使用目的に応じて選択することが必要です。

クレーンスケールを選ぶポイントを知る クレーンスケール本舗トップページへ

現在地:トップページクレーンスケールに関するお役立ち情報

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい