クレーンスケールと輸出

クレーンスケールに関するお役立ち情報

クレーンスケールと輸出

中国や東南アジアの技術進歩は目覚しいものがありますが、まだまだ日本の技術力は世界トップクラスです。
これらの中国や東南アジアというと、日本製品より安価な商品を製造して、日本へ輸出していると言うイメージです。確かにそういった事が多いのですが、逆に日本からこれらの国に輸出しているものがあります。

それは日本に輸出している商品を作る機械なのです。海外では労働賃金や原材料費が日本より安いため、安価に商品を作る事ができるのですが、元の機械を作る技術力が足りない事が多く、「マレーシア国内で、日本製の機械を使って商品を作り、日本に輸出する。」といった事が普通に行われています。

こういった機械は大型のものが多く、電車1両ほどの大きさのものも珍しくありません。これらの機械は、輸出時の必要書類に総重量が必要となるのですが、重さを量るのにクレーンスケールが使用されています。完成品をそのまま量る事もありますが、あまりにも大型の場合は、組立時に各パーツの重量を量り、合計して総重量を出しています。

そのため大型機械の輸出を扱う会社では、100kgほどが量れるものから5tを越えるものまで、数種類の計量できるクレーンスケールを、設置しているところも珍しくありません。

クレーンスケールを選ぶポイントを知る クレーンスケール本舗トップページへ

現在地:トップページクレーンスケールに関するお役立ち情報

商品一覧を見る
今すぐ見積りをしたい